FC2ブログ

青空にブンブン <44> 物陰から

少し方法を変えることをパパさんママさんに伝えた。


朝散歩を終え、ブンブンを昨日と同じように繋留用のチェーンに繋いだ。

ママさんが用意してくれたブラシを持って

「ごしごしするよ~ごろんして~」と声を掛ける。

ブンブンは言われたように横になった。




少しウエーブがかかっているブンブンの被毛を隅々まで

毛玉をチェックしながらあちこち触った。


そして私も芝生に座り、しばしマッサージ

ブンブンは私の膝に頭を乗せて目をつむり、気持ち良さそうにしている。

そうだよね、人の側にいればこうして安心してリラックスできるんだ




「いい子だね~ここがね~これからブンブンのお家になるんだよ~

 気持ちいい所でしょ~」

ここに居て、のんびり日向ぼっこして暮らしてほしい



私は今までブンブンが居た真っ暗なケージの事を思い出していた。




ブンブンの頭をゆっくり降ろし、私はそーっと立ちあがった

「ブンブン、ここで待ってるんだよ

 ね、マテだからね」


そう言って私は家の影の方へ歩いて行った。



私が見えなくなるとブンブンは立ちあがり

「・・・ヒン!・・ウォンォン!」とないた。

私はとても大きな声で、そして出来る限りの低音で

「NOー!!!」と一発叫んだ。

きっとご近所さんもびっくりしているに違いない

何事か?と思っているかもしれない

ブンブン、お願いだから静かにしておくれ


・・・  ・・・  ・・・


静かになった


静かになった!!




ブンブンを繋いでいるチェーンがチャラチャラと音をたてていたが

少しするとそのチェーンの音も聞こえなくなった


すごいぞブンブン、と思いながら物陰からそーっと覗いてみると

ブンブンは芝生に伏せた状態で頭を下につけていた



「やった!できた!」数分待っても吠えない

十数分経ったところでブンブンの所へ戻った



嬉しくて尻尾を振るブンブンを興奮させないよう

私は普通に振る舞い、リードに繋ぎ、自転車で自宅へ戻った。



              <つづく> ※不定期更新です。



ブログランキングに参加しています。
今日もポチっとしてくれるとうれしいです!
   ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグランへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する